ESP8266乾電池稼働の調査結果

こんにちは、ミウラネットワークスの三浦です。

10月より実施していたESP8266とBME280センサを使用した環境データの測定を屋内のDeep Sleepモードで実施してきましたが、乾電池の寿命となりました。

連続可動日数は70日でした。(当社調べ)

成果の評価としては、DeepSleepモードで、3か月くらいを希望として考えていたのですが、少し及びませんでした。実用レベルかといえば、ちょっと厳しいと感じました。

電池の種類を変える、電池の本数を増やす(供給電圧を上げる)とかの工夫で延命はできるかもしれませんが、本番環境で電池駆動が必須になった場合に改めて考えます。
デバイス、設置環境と通信方式の組み合わせで適材適所で考えていくしかなさそうです。

他のモードとの比較結果は以下のグラフの通りです。

Wi-Fi環境での乾電池稼働日数(当社調べ)

Wi-Fi環境での乾電池稼働日数(当社調べ)

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です